下半身痩せに効果抜群のメソッド.1

下半身痩せに効果抜群のメソッド.1


下半身には、カラダの大きい筋肉が集中しています。「大きい筋肉が多い」=「運動で消費されるエネルギーも多い」ということになります。

そして、筋肉量が増えることで基礎代謝も上がり、「太りにくく痩せやすいカラダ」へと変わるというわけです。

一見、筋トレをすると足がムキムキになるのではと思われますが、それは違います。

目的にあった運動の仕方で筋肉を刺激することで、「脂肪やセルライト」も刺激され燃焼するので、「下半身痩せ」に繋がります。

また、カラダの筋肉の6割が下半身にあるので、下半身を運動により鍛えるということは、ダイエットにとても効果的です。

そこで、「下半身痩せ」がなかなかできない主な原因を、4つ上げてみたいと思います。

1.「むくみと冷え」
リンパ液や老廃物が溜まりやすい下半身は、身体の中でもむくみやすい部位です。

男性に比べ筋肉量が少ない女性は特に、寝不足や同じ姿勢での座り仕事や立ち仕事などで筋肉が硬くなったり、カラダがこってしまうことで、「冷え」へと繋がり、リンパの流れや血流が悪くなることで老廃物が溜まってしまい「むくみ」となります。

「下半身痩せ」をしたいなら、筋肉を動かし、カラダをほぐして血行を改善することが大切です。

2.「セルライト」
「セルライト」とは、血管やリパから排出される老廃物と脂肪細胞が絡み合って、皮膚に凸凹となって表れた皮膚の状態のことです。

運動不足や加齢により、基礎代謝が低下し、筋肉量が減ることで皮膚が皮膚がたるんで血管が圧迫され、リンパの流れが低下することで「セルライト」ができてしまうのです。

また、むくみやすい人や冷え性の人は、血行が悪いので、脂肪帆マネ混みやすい警告があるので、「セルライト」ができやすいといはれています。

その他、自立神経の乱れや、 遺伝も関わっているのではと考えられているようです。

そして、「セルライト」は、男性よりも、筋肉量の少ない女性にできやすく、お腹周りや下半身にできやすいだけでなく、燃焼しにくいので、一度ついてしまうとなかなか落ちないのが特徴です!

3. 「骨盤がゆがみ」
骨盤は、カラダの上半身と下半身をつないで体を支える重要な部分です。「骨盤がゆがみ」は、骨盤を支える筋肉が衰えることで起こります。

そして、骨盤が歪んで開いてしまうと、骨盤の周りの筋肉だけでなく、体型や姿勢が崩れ、特に下半身に脂肪がつきやすくなります。

さらに、リンパやの流れや血流悪化して、内臓機能の低下や代謝の低下に繋がり、肩こりや腰痛の原因にもなります。

長時間のパソコン作業やスマホを見ていることで姿勢が崩れていませんか?

姿勢の悪さは「骨盤のゆがみ」を起こし、「下半身痩せ」ができない原因の一つとなります。

4. 「筋トレを重要視していない」
運動をしてない方はもちろんですが、痩せるために、ジムや自宅で汗をかいて運動しているのに成果が出ないという方にありがちなのが、筋トレを重要視していないということ。

筋トレすると「マッチョ」になるというイメージしがちですが、実は「下半身痩せ」やダイエットには欠かせません。

なぜなら、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動をダイエット目的で取り入れることで、脂肪燃焼はできますが、筋トレほど筋肉量を増やすことはできないので、有酸素運動のみで筋肉量と基礎代謝を上げて、「太りにくく痩せやすいカラダ」を手に入れることは困難だからです。

「下半身痩せ」の効果を上げるには、有酸素運動で脂肪燃焼させつつも、筋トレで筋肉量を増やしながら、基礎代謝を上げることが「下半身痩せ」&「太りにくく痩せやすいカラダ」への近道です。

先ほども言いましたが、カラダの筋肉の6割が下半身にあるので、下半身を運動により鍛えるということは、ダイエットにとても効果的です。

「下半身痩せ」に効果抜群のメソッドで、健康的な「下半身痩せダイエット」をはじめませんか?

そこで、今日は、以前紹介した「スクワット」に加えて「下半身痩せ」トレーニングに有効的な「ランジ」を紹介します。

体ひとつあれば出来るので、場所を選ばないのも魅力なトレーニングです。

「ランジ」は「スクワット」に比べ、片足ずつ行う種目のため不安定で、バランスがとりにくい反面、体幹も鍛えられ、ふくらはぎや太ももの引き締め、更にお尻のたるみ改善に効果があるので、ヒップラインから脚先まで綺麗に見せたい方におすすめのトレーニングです。

では、正しい「ランジ」のやり方を説明します。

1. 足を肩幅より大きく、前後に開く

2. 両手は頭の後ろで固定するか、ペットボトルや軽めのダンベルを軽く握り腕を下げる

3. 上体を垂直に保ちながら、右足を大きく一歩前に踏み出す

4. 右足のひざを90度まで曲げ、左足ひざをなるべく床に近づけ、ゆっくりと元の姿勢に戻る

5. 10から20回繰り返す

6. インターバル(休憩)は、30秒位とる

7. 左足も同様に行う


ポイント

1. 背筋を伸ばし、腹圧をかける

2. 足を踏み出したときに、正面から見て両足が一直線になるように

3. 目線を落とすと前屈みになってしまうので、目線は常に前方をキープ

4. 踏み出し足のひざは90°になるように曲げ、ひざを爪先よりも前に出さない

5. 呼吸はゆっくりと、止めずに安定させる

「ランジ」は、一日おきに、1セット左右10から20回×3セットを目安に、無理なく出来る回数で行いましょう。

正しいフォームで行えば「下半身痩せ」に効果抜群のメソッドなので、ぜひマスターして、引き締まったボディを手に入れて下さいね!

池袋でパーソナルジム・エステサロンならMISUZUYAにお任せください

有限会社MISUZUYA
03-3988-4592
【営業時間】9:30~19:00 ※予約制
【定休日】 月曜
〒170-0011 東京都豊島区池袋本町1-24-10
http://misuzuya.jp/