日本人の内臓脂肪がつきやすい理由って?

日本人の内臓脂肪がつきやすい理由って?


日本人は欧米人と比べるとスリムな人が多く、肥満の少ない民族のように見えますが、その割に糖尿病などの生活習慣病が多く、内臓脂肪に原因があるのではないか、と言われてきました。そこで日本人と白人の内臓脂肪を比較する研究が行われました。
この研究で、日本人と白人を腹囲別に4グループに分け、同じ腹囲のグループ同士を比べてたところ、どのグループでも日本人の方が皮下脂肪が少なく、代わりに内臓脂肪が多いと言う結果が出たのです。
このことから、日本人は同じ体格の白人と比べて、内臓脂肪が多くて生活習慣病のリスクが高い、ということが言えます。世界ではBMI30以上を肥満としているのに対し、日本ではもっと厳しくBMI25以上を肥満としているのは、こうした理由があるからです。さらに、欧米人に比べると日本人のインスリンの分泌量は1/4しかないと言われています。簡単に言ってしまえば、白人のBMI30と日本人のBMI25が内臓脂肪の量としては同じくらい、と考えていいでしょう。これは日本人だけではなくアジア人全体に共通することの様です。
なぜ違いがあるのか定かではありませんが、もともと狩猟民族で肉をたくさん食べていた白人と農耕民族で作物を中心に食べていた日本人という違いが、体脂肪のつき方に影響しているのではないかと考えられています。

池袋でパーソナルジム・エステサロンならMISUZUYAにお任せください

有限会社MISUZUYA
03-3988-4592
【営業時間】9:30~19:00 ※予約制
【定休日】 月曜
〒170-0011 東京都豊島区池袋本町1-24-10
http://misuzuya.jp/